フロートガラスとは

フロートガラスは、簡単言えば普通のガラスです。またフロートガラスはガラスの中でも加工しやすいガラスです。フロートガラスはガラスの基本であり、強化ガラスや防音ガラスなどもフロートガラスを加工して作られています。
フロートガラスは、窓ガラスやガラス棚板やガラステーブルトップ、ガラスの厚みを厚くすることで強度を上げてガラス水槽などにも用いられています。
フロートガラスは、別名「青板」と呼ばれることも有ります。ガラスは透明に見えますがガラスの中に含まれている金属成分が発色して緑色に見えることから青板ガラスと呼ばれています。

すりガラスとは

すりガラスは、透明なガラスの片面を金剛砂や金属ブラシで不透明に加工した板ガラスで視線を遮りながら光を均一に取り入れることのできるガラスです。主にすりガラスは、家の中の間仕切りパーテーションに使われています。このガラスは水が濡れると透明度が増し、汚れが取り除きにくいので、水を取り扱う風呂場や台所には不向きなガラスです。すりガラスはフロートガラスの表面に細かい傷をつけたガラスですが、フロートガラスと違い表面に細かい傷を付けたことで強化ガラスにしようとすると割れてしまうので強化ガラスとして使用することはできません。